SEED

紙運用していた施設内通貨
(施設内サービス利用のため)の
デジタル化

施設内通貨 コスト削減
Soner U

紙運用していた施設内通貨をデジタル化
大幅なコストカットを実現

2019年3月よりスタートした「SEED」。「SEED」は一般社団法人グッドウェルスが会員向けに発行している施設内通貨です。
グッドウェルスでは、これまで紙で運用していた「SEED」のデジタル化を行いました。
施設内通貨のデジタル化による効率化だけではなく、「SEED」を通じた高齢者のITスキルの増進と、
スマートフォンなどを使った娯楽の機会を会員の方に提供し、健康増進を図る取り組みを行っています。

Point 1

専用チャージ機

ポケットチェンジでは日本円を判別できる専用のチャージ機を自社で独自開発いたしました。複数の通貨を同時に投入しても高速で判別を行うためストレスなくご利用いただくことができます。1円から500円まで、すべて対応しているため少額のチャージからでもご利用することが可能です。

Point 2

大幅なコスト削減

これまでは施設内通貨を紙によって運用していました。しかし、それらをアプリに置き換えることによって、従来行っていた施設内通貨の集計業務や印刷の必要がなくなり、これらにかかっていたコストをゼロにすることができました。これによって、施設内通貨の管理コストを大幅に削減しました。

Point 3

会員同士のコミュニケーションの向上

ポケットチェンジの仕組みを活用することで、会員同士での相互送金を行う事が可能です。高齢者の方でも分かりやすい仕様になっておりますので、相互送金の機能をなど会員さま同士のコミュニケーションを活性化するような仕組みを順次実装予定です。

ポケペイ導入の決め手

ポケペイをどのように活用しましたか?

自社で展開している事業の会員様向けに、施設内で利用可能な独自通貨として活用しました。

ペイメントシステムを導入するに当たって、どのような狙いがありましたか?

システム導入以前に紙の金券で運用していた独自通貨を電子マネーとして運用することで、管理コストの削減などを目的としてシステム導入しました。

ポケペイ導入をきめたきっかけはなんですか?

紙の金券を用いることによる運用コストの増大が問題意識としてありました。独自の電子マネーを簡単に発行・運用できるポケペイであればこの問題を解決できるのではないかと考えたことがきっかけです。

ポケペイを導入してみて、どのような効果がありましたか?

金券の新規発行、決済時の金券の受け渡し対応や残高の管理など煩雑な業務をシステムに任すことが出来て運用コストの圧縮をすることが出来ました。

今後どのように活用していきたいですか?

施設内で提供する様々なサービスの決済に活用していきたいと思ってます。

他にもこんなシーンで
導入いただけます

小売店

スーパーマーケット・ドラッグストア・商店街などで使える独自の電子マネーとして
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

飲食店

回数券やプリペイドカードの代わりに、集客にも使えるスマホ決済として
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

商業施設

施設内の共通電子マネーや、テナントの販促支援として
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

会員制施設・会員組織

会員・スタッフのエンゲージメント促進、施設内キャッシュレス決済の方法として
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

地域通貨(地域自治体・地域商店街)

地域住民・観光客が共通で使える観光マネーとして
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

テーマパーク

施設・園内で身軽に利用できる域内通貨として
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

イベント・地域行事・催事

その日・その場限りでも利用できるキャッシュレス決済の方法として
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換

デリバリーサービス事業者

誰でもどこでもレジになれるポケットレジを使って、集金・支払いなどに
QRコード支払い キャンペーン広告 共通マネーへの交換
資料請求はこちら